ハサウェイのニュータイプ能力|アムロやカミーユに並ぶかの考察

このページではハサウェイのニュータイプ能力について解説します。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主人公ハサウェイ・ノア。

彼にアムロやカミーユのようなニュータイプ能力があったのかについて考察します。

ハサウェイにニュータイプ能力はあったの?

そもそも「ハサウェイにニュータイプ能力はあったのか?」と聞かれたら「なかった」と考察します。

【結論】素養はあったがなれなった

アムロやカミーユ、ジュドーにバナージなど劇中でニュータイプ能力をみせるシーンがハサウェイにもあれば良いのですが決定的なシーンはありません。

逆襲のシャア」には微妙に「ニュータイプ?」と感じるシーンはありましたが。

じゃあ、「絶対ないのか?」と聞かれると悩むところもあります。
その理由はハサウェイのパイロットとしての能力が非常に高いことです。

ペーネロペーとも互角、もしくはそれ以上の戦いをハサウェイはしています。

もちろんクスィーガンダムの性能補正もあるかとは思いますが、性能ならペーネロペーも負けていません。同じアナハイム製で姉妹機ですからね。

Sガンダムに搭載されているALICEのようなものもクスィーにはありませんから、ハサウェイのパイロット能力が高いと言えるでしょう。

「ニュータイプはいなかった」と学校で教育するなど連邦政府の画策もあり、小説「閃光のハサウェイ」にはニュータイプに関する記述が少ないことも判断するのが難しい理由です。

小説(上)
「そういうものか、、、ニュータイプらしい素養があるとにらんだがねぇ。お前さんなら、あのペーネロペーを任せられるかもしれないのにさ」

ケネスはハサウェイにニュータイプの素養があると感じています。

ニュータイプ的影を背負ったのがハサウェイ

原作者の富野由悠季さんは映画「閃光のハサウェイ」のパンフレットで、「が、そこで描かれるハサウェイが、ニュータイプ的影を背負ってしまったのもまた必然であった。それゆえに、閃光となったのである。」とコメントされています。

この「ニュータイプ的影」という表現から、「アムロやシャアに憧れ、ニュータイプの影を背負いながら、どうしようもない世界で卓越したパイロット能力でクスィーと共に戦い、ニュータイプの素養を持ちながらなれなかったのがハサウェイ」だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました